ハイカットの靴は安全面でもメリットありです

subpage1

バスケットボール選手がハイカットのシューズを格好良く履いていると真似したくなるものです。

ハイカットシューズというとスニーカーを想像しますが、色々な素材で作られている靴でもあります。

オシャレというだけではなく機能面に置いても安全面などメリットのある靴です。

ハイカットの安全靴選びをサポートするサイトです。

ハイカットはくるぶしの上までを覆う靴で、スニーカーを想像する人も多いですが、このくるぶしの上まである形状は安全に足首の固定を行なうために開発されたシューズで、特にスポーツなどでは足首を捻挫しないようにサポートします。
安全面だけではなくファッションとしてもくるぶしの上まである形状なので足下にボリュームを持たせることができるので太めのズボンやパンツなどで全身のバランスをとるためにも効果的なシューズです。

足首が安定して捻挫などの予防に効果がありますが、他にも靴の中で足がつま先にずれにくいため、足の指を痛めにくいというメリットもあります。

成長期の子供の場合、股関節が柔らかい時期や過度のX脚やO脚のような変形が強い場合には、医師に相談してハイカットタイプを履くと良いです。



ただ、くるぶしの上まである形状なので足首を曲げる際に余分な力が必要になり自然な動きを妨げることもあるので、足に問題がない子供の場合はローカットを選ぶと良いです。ハイカットのシューズはファッションでも人気ですが、ファッションだけではなく足首を保護するので捻挫などにも効果的など安全面でのメリットも多いです。履きにくいという場合にはジッパーになっているタイプもあるので用途によって選ぶと良いシューズです。