防水安全靴が臭くならないためのヒント集

subpage1

どんな靴でも、長く履いているうちに臭いが気になってくるものです。
汗や皮脂が内部に付着することにより、雑菌が繁殖するのが、臭いの原因と考えられています。


ランニングシューズのような極めて通気性の良いシューズであっても、長期間洗わないでいると臭くなるのですから、防水性に優れた安全靴のように気密性の高いシューズには何らかのニオイ対策が必要になります。


防水性が高いということは、内部に空気も入りにくいことを意味します。


そのため、蒸れやすいのです。

防水の安全靴サイト利用者からとても評判です。

最もお手軽なのは、ちょっと臭うなと思ったときに消臭スプレーを一吹きすることです。



最近は、ドラッグストアでいろいろな香りの消臭スプレーが売られています。
好みの凝りの消臭スプレーを一吹きすれば、すぐに嫌な臭いを取ることができます。



しかし、臭いの原因菌を殺菌するわけではないので、根本的な解決とはなりません。臭いをとるのに、活性炭入りの乾燥剤を安全靴に入れておくという方法もあります。


雑菌は湿度が高い場所を好むため、乾燥剤によって湿度を下げることにより、菌が繁殖しにくい環境を作るのが狙いです。また、活性炭には消臭作用があるため、臭いをとることもできます。


活性炭入りの乾燥剤もドラッグストアやスーパーで販売しているので、手に入れやすいところもプラス材料となります。

安全靴の中敷きをときどき洗うのも効果があります。
防水機能がついた安全靴は、全体を水洗いすると革の部分が縮んでしまうため、丸洗いすることができません。しかし、中敷きなら洗濯機で洗うことができます。